オープンガーデンいわき:ブログ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
shadow
HOME > ブログ

素敵なトレリスとバラ

2007.05.27 Sunday | お庭訪問

トレリスいっぱいのバラ 天気が良かったのでバラを目指して出発です。出張のたびに電車の窓から拝見させていただいている葉多野さんのお庭に向かいましたが、突然の訪問だったので当然ご不在。お家の方にご挨拶して写真撮らせていただきましたが、琉球ガラスをあしらったアイアンアートの素敵なトレリスがバラの花でいっぱいです。クレマチスも一緒に咲いていましたので、いつも色鮮やかなお庭がひときわ色鮮やかに見えました。今日は、日中は30度を超える猛暑だったのですが、夕方には急激に寒くなるという妙な天気でした。風邪ひいちゃいそうです。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

バラの花巡り

2007.05.26 Saturday | お庭訪問

花遊庭のバラ バラの季節ということで花遊庭さん連日大忙しの様子です。トレリスやアーチが一面色とりどりのバラの花で埋められ、一年で最も華やかな装いになっています。バラ栽培は苦労が多いですが、咲いた時の感激は大きいですね。明日晴れれば、バラ巡りなどしてみようかなどと考えています。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

新規公開庭プレビュー

2007.05.22 Tuesday | お庭訪問

滝と藤棚 沖田さんのお宅にお伺いしたついでに、もうお一方の新規公開庭に向かいました。藤の花が盛りという話を聞いていましたがまさに満開。農業用のビニールハウスの骨組みを利用した藤棚から藤の花があふれんばかりに垂れ下がり、その下では轟々と音を立てて池から水が流れ出している壮観な眺めに出会うことができました。あいにくお留守でしたので入り口のこの部分のみの写真になりましたが、来月中旬に会のイベントでお伺いしますので楽しみにしています。話によりますと、家の庭はもちろん、石垣をはじめ、裏山の遊歩道整備まで女手ひとつで造り上げた“ド根性の庭”とか。いったいどんな世界が広がっているのか楽しみです。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

夢があふれるワンダーランド

2007.05.21 Monday | お庭訪問

沖田邸 花遊庭さんところでばったりお会いした沖田さんのお話しがとても興味深かったので、エニシダを見に行った足でお伺いしてみました。だいたいの場所はお聞きしていたのですが、目標らしいものが無いのんびりした場所なのでたどり着ける可能性は低いかなと思っていた矢先、ふと見ると路傍にワインの瓶が棒にさしてあるのを発見。「ワイン好き」という話を思い出し、もしやと思って瓶をたどってみた先でかわいい表札を見つけることができました。
 昨年11月に引っ越してきたばかりなので、庭造りはこれからというところですが、広大な敷地には裏山があり、そこから流れるせせらぎが小川となり、山菜やキノコの宝庫で、大きなクスの木が見守る古民家には馬屋が残され、おまけにお風呂は鉱泉が湧くというワンダーランド。写真は敷地入り口から家につながるアプローチの風景ですが、花でいっぱいになった時のことを考えるとわくわくします。今後の進捗が楽しみでなりません。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

もうすぐバラの季節

2007.05.19 Saturday | お庭訪問

バラの季節 今日の夕刻、ニュースレターの印刷データを届けに花遊庭さんにお伺いしたところ、示し合わせたわけではないのに次々とOGIの会員さんが訪れ、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 花遊庭さんのお庭では、バラの花がいくつか咲き出していました。いわきではもうすぐバラが旬。一年で最も華やかな時期がやってきます。庭の片隅には先日の新潟ツアーで購入した山野草を使った寄せ植えが飾ってありました。タイトルは「越後の思い出」。山アジサイ、雪ザサ、風鈴オダマキなどが植えられ、苔の代わりにチドメグサが使われています。八海山を望む風景がまぶたに浮かぶ、思い出いっぱいの一鉢です。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

セリバオウレン

2007.05.08 Tuesday | お庭訪問

セリバオウレン 新潟ツアー中、大前さんのお庭で見かけた花を見て、昔の職業の癖が抜けずに「これ切り花にいいな」とか思っていたのが写真下部にあるオウレン。帰りのバスの中で「あの花なんでしたっけ」と大騒ぎでしたが、「オウレン」とメモを取っていた人がいてナイスでした。「○○○オウレン」とご説明されていたので、帰ってから調べてみましたところ、おそらくセリバオウレンではないかと。花は既に終わっていてこの状態は種を付けているのですが、花よりもこの姿の方が面白いなと感じます。スカビオサのステルンクーゲルっぽい存在ですね。
 気になって仕方ないので先ほどネットで探して苗を購入してしまいました。到着は数日後になりますが、相変わらず地味な花がひとつ増えそうです。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

藤の季節

2007.05.07 Monday | お庭訪問

藤 新潟ツアーに出かけている間に、会員の橋本さんから「藤の花が見頃なのでいつでも来て写真撮っていただいていいですよ」とのご連絡がありましたのでお伺いしてきました。あいにくお留守でしたが、ガーデン入り口の藤棚は満開でした。秋にお伺いしたときはわかりませんでしたが、いわゆる藤色というよりややピンクがかった藤だったんですね。園芸品種なのでしょうか。甘い香りが漂っています。
 藤棚の下はギボウシやコニファーで緑に彩られ、広がる芝庭への期待感が高まります。あんまり素敵なので、ウチも藤棚作ろうかなと本気で思ってしまいました。園芸店などで見たことないんですが、藤の苗って売ってるんでしょうか?
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

鯛釣草が盛り

2007.05.01 Tuesday | お庭訪問

鯛釣草 今日は泉の横山さん庭へ訪問です。3年前に引っ越し以来、丹精込めて造り上げた花壇も見事ですが、ちょうど鯛釣草が見頃です。こちらもチューリップはほとんど終わっていました。例年より早かったそうです。ネモフィラの青がものすごくキレイでした。デルフィニュームの開花までもう少し。ヤマボウシの葉も出始めていますので、5月中旬にはさわやかな庭へと変化していることでしょう。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

三春の景

2007.04.30 Monday | お庭訪問

田口さん庭 タイトルを見るとまるで三春の滝桜でも見に行ったような雰囲気ですが、そうではありません。今日も天気が良かったので市内会員さんの庭めぐりに。ご近所の田口さんにお電話したところ、春の旬が過ぎちゃったとのことで慌ててお伺いしました。中村さんところもそうでしたがチューリップなどの盛りは4月上~中旬とのこと。その時期は仕事押しまくっててとても動けず、来年への大きな課題です。花の時期が計算された植栽によって、次々と宿根草の主役が切り替わる植物選択は実に見事。それでいて作為的でなく、まるでこぼれ種が芽吹いて繁殖したような自然さが出ているのに感心します。
 ところでタイトルの「三春」ですが、庭に咲く鬱金桜と、お隣の菊桃、お向かいの八重桜が春の彩りを競い合っている様子です。鬱金桜は市内では珍しいですね。淡いグリーンが素敵です。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

連休突入でお庭訪問開始

2007.04.29 Sunday | お庭訪問

中村さん庭 いよいよGW突入ということでようやく仕事も休みになりましたので、会員さんのお庭訪問に動き始めました。秋にお伺いした際に、「春になったらいったいどんなすごいことになってしまっているのだろうと」ドキドキしていた中村さんのお庭ですが、チューリップの見頃は既に終わってしまったとのことで残念至極!それでも花いっぱいの様子は思わず道行く人が立ち止まるほどの強力さです。
 シンボルツリーのハナミズキですが、今年は花付き悪いそうです。暖冬の影響かもしれません。他にも数え切れないほどの花々が咲いていましたが、ネモフィラの空色がとても素敵でした。ガーデン紹介のページでも紹介しています。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |