オープンガーデンいわき:ブログ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
shadow
HOME > ブログ

ミモザの聖地

2009.04.02 Thursday | お庭訪問

モンペールのミモザ 今日は公務で湯本まで外出したのですが、1時間ほど待ち時間があったのでかつてのモンペールまで足を伸ばしてみました。ミモザ終わっちゃったかなと思いましたが、いつもの春同様、たわわな黄色い花が歓迎してくれて感激。道路向かいの山には、谷重さんが手がけていた遊歩道の整備が続けられていたのも嬉しい限りです。辺りを歩き回っていましたところ、ばったり現在のオーナーさんとお会いし、お話を聞くことが出来ました。ホント怪しい男が突然訪問してしまってすみません。つい最近、谷重さんが来ていていろいろ手伝っていたそうです。4月29日には新オーナーさんによってペンションが再開されるとのこと。谷重さんの思いを継いでくださる方に譲り受けられて本当に良かったです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

クリスマスイルミネーション

2008.12.23 Tuesday | お庭訪問

イルミネーション 12月に入った頃からあちこちでクリスマスイルミネーションを点灯させる家が増えてきましたが、今年は景気の影響か、それともエコ意識の関係なのか、例年に比べてやや自粛気味なように感じていましたが、皆さんの周りではいかがでしょうか。
 そんな中、郷ヶ丘に毎年パワーアップしている一軒がありまして、無数の電飾が瞬く様子は「何かのお店なんでしょうか?」と一瞬思ってしまうほど。クリスマス間近の23日夜には携帯カメラ片手に人がたくさん訪れていました。来年以降もどうか続けていただきたく思います。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

天高く咲く皇帝ダリア

2008.11.19 Wednesday | お庭訪問

皇帝ダリア 会員の鈴木百合子さんからご連絡があり、「皇帝ダリア」が盛りとのこと。早速お伺いして来ました。咲き始めたのは1週間ほど前からだそうで、現地に到着してみると家の入り口付近に見事な株がそびえ立っていました。
 高さ4メートルほどに達しているとは思いますが、驚いたことに支柱がありません。今年は台風の被害がなかったので良かったですね。これだけのボリュームとなりますと普通の庭では持て余してしまうほどの存在ですが、辺りも広々としているのでちょうどいいくらいに感じました。いつまでも花が付かず、どこまでも伸びていく様子を見て、ご近所の方も驚かれていたそうです。
 株分けのほか、節で切って増やすこともできますので、ぜひとも増やしていただいて原産地のように皇帝ダリアの林を見てみたいところです。
| author : ozilla | comments (5) | trackbacks (0) |

庭訪問は楽し

2008.10.15 Wednesday | お庭訪問

フェイク筧 今回訪問したお庭は新規会員さんだけではなく、今までお伺いできていなかった会員さんのお庭も予定に加えて6軒を巡ってみました。イベント等でお手伝いをいただくことの多い山名さんのお庭も初めての訪問。ラブラドールを3匹飼われていて、庭の中央でケージが面積を取る中、とても数多くの植物たちに囲まれている様子は圧巻。バラのハイシーズンにはきっと素敵な彩りになるのでしょう。
 そんなわけですっかり遅くなってしまい、日暮れ前に到着した最後の訪問先はいわき市に隣接する広野町。静かな田園風景を望むことができるお庭には、和風のテイストがちりばめられており、とても心休まるひとときを過ごすことが出来ました。庭の片隅で元気に育つビナンカズラやラズベリー、果ては雨樋を屋根まで登り、たくさんの実をつけたアケビなどは全て鳥がいつの間にか運んできたものとか。写真はお庭の一角に据えてあったつくばい風に仕立てた睡蓮鉢。素敵だなと思っていたら筧は飾りですって。その発想は無かったですよ。早速真似しちゃいます。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

スペース利用にプランターが活躍

2008.10.13 Monday | お庭訪問

新規会員さんのお庭 新規会員さんもう一軒は同じく常磐地区で、5月のツアーにご一緒に参加していただいた方でした。ツアーに参加して、いろいろとご参考にしていただいたことが多かったようで、西洋アサガオやゴーヤなどによるグリーンカーテンの実践など、プランター栽培をうまく利用していました。限られたスペースをラティスなどを使って有効活用し、奧にはキッチンガーデンまで。先日の大風でラティスに這わせた植物などは終わりになってしまったそうですが、盛りの時にまた拝見させていただきたいです。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

新規会員さんのお庭訪問

2008.10.12 Sunday | お庭訪問

ガーデン構想中 春に実施したオープンガーデンツアー3回のうち、5月にご参加いただきました方が会員になっていただきました。これからお庭を造っていく参考にとのことでしたが、交流あってのオープンガーデンの会ですのでご自宅にお伺いしてきました。
 馬の温泉のほど近く、山を背にした広い敷地にお庭と畑が広がっていましたが、南斜面のためとても日当たりが良く、山のためか冬場の風もさほど強くないということで、ランタナが普通に冬越しするそうです。ガーデン化していきたいと考えているのが写真の花桃から下のエリア。現在はまだパイナップルセージが植えてあるだけでしたが、畑につながる広いエリアと小径があり、雨天時には小さな流れも。敷地を見ているだけでいろいろなアイデアが浮かんできてうらやましい限りなのですが、今後どのように変化してゆくのか楽しみです。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

造園見学

2008.09.28 Sunday | お庭訪問

施工中の流れ いつもお世話になっている庭園管理「植吉」さんが新しい庭造りを頑張っているとお聞きし、現場を見学に行きました。ちょうど手がけていたのが築山を流れるファウンテン。先日葉田野さんのお庭を拝見して我が家でもウォーターガーデン導入へのボルテージが上がりまくっている最中でしたので勉強させていただきました。築山には既に石が配置されていましたが、一部鳥海石のほかは四倉で採れる地産の石だとか。鳥海石と良く合いますし、ちょっとごつごつしたところが表情豊かでいいですね。我が家ではこの数十分の一程度の規模になるでしょうが、構想を練っている今が楽しい時間です。
 庭園管理「植吉」 http://www.uekichi.net/
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

水音に心癒されました

2008.09.08 Monday | お庭訪問

エキストラガーデンの池 春のオープンガーデンツアーでお伺いした際に造成が進められていたお庭の様子を拝見してきました。
  4月 / 6月
 見事な池が完成していてびっくりです。池の末端から水中ポンプで循環される流れが実に素敵。水がとても澄んでいるのですが、水が湧き出ている陶器が濾過槽になっているとのこと。これはアイディアモノですね。水に動きがあることでとてもさわやかに感じます。池の保水には防水シートを利用。防水シートを隠すように積まれた麻袋の土嚢に植栽がされています。植物の成長によってより自然な感じが演出できることでしょう。池に流れるせせらぎの音を聞いていて、以前より構想を練っていたつくばいを作る決心がつきました。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

スウェーデンハウスを囲む庭

2008.07.20 Sunday | お庭訪問

新規会員庭 今年の総会時に新規に入会していただいた会員さんのお庭が素敵との噂を聞き、休日を利用してお伺いしてきました。御斉所街道を西に向かった遠野地区、ちょっと街道を左に曲がった先に木造のスウェーデンハウスが見えましたのですぐにわかりました。中央台から30分そこらで到着できる距離なんですね。敷地全体が緩やかなスロープになっており、枕木を敷き詰めたエントランスに導かれるように中に入ると、丁寧に手入れされた芝庭が広がっています。今後はパーゴラやトレリスなどを設置する予定とのことで、庭主さん曰く、まだまだ未完成で5年はかかるとおっしゃっていますが、現状で十分に素敵なお庭に仕上がっていました。周囲の緑と居心地の良さそうな家屋が庭にベストマッチで、見事な調和を見せています。家の中から眺める庭と借景がこれまた見事。外出する時間がもったいなくなるような素敵な住空間です。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |

マイソルヤハズカズラ

2008.06.08 Sunday | お庭訪問

マイソルヤハズカズラ 昨日失念していた植物名がわかりました。ツンベルギア・マイソレンシスで和名はマイソルヤハズカズラ。インド原産で、日本では植物園くらいでしかお目にかかることはないそうです。写真の状態からさらに開いて、黄色い口を大きく開けたような形となります。写真右下に写っているのが開いてますが逆から撮影してしまいました。シャンデリアのように垂れ下がるユニークな花です。このように多種多様な花を栽培している葉田野さんですが、引っ越しの度に植物も一緒にお引っ越し。どれも枯らさずに育ててきた結果が現在の環境を作り上げています。強健なアイビーですら枯らしてしまった自分としては頭が下がる思いです。
| author : ozilla | comments (0) | trackbacks (0) |